スポンサーリンク
<< 「面倒くさい」(※苦痛だ) | main | 【番外編】セブ・プルクラ旅行記〜1日目(11/24)・後編 >>

【番外編】セブ・プルクラ旅行記〜1日目(11/24)・前編

フィリピンのセブ島で常に人気ランキングベスト3に入るリゾートホテル「プルクラ」。


私の留学中はチャンスがなく、訪れることができませんでしたが、この度7年越しの念願叶いついに、2014年11月24日〜28日の4泊5日で泊ってまいりました!
今回は番外編として、自分の日記を兼ね、プルクラに宿泊を考えている皆さんの参考になればと思い、写真豊富に詳細な旅行記を記したいと思います。

価格の日本円は、当時のレートの1フィリピンペソ(PHP)≒2.692で算出しています。
また、大きい画像は別タブで開きますが、閉じるときは「Ctrl+Wキーを使うと便利です。


■事前準備

今回検討を重ね、宿泊する部屋タイプは「プールガーデンヴィラ」と決め、5ヶ月前に予約をしました。 また、3週間ほど前にプルクラにメールをし、マクタン・セブ国際空港への行き帰りの送迎をお願いしておきました。メールは日本語対応可ですが、日本語と英語で宛先が異なりますので注意してください。日本人の担当の方に丁寧な文面で迅速に対応していただき、大変好感が持てました。もし疑問や相談があったら、前もってどんどん聞いておくことをおすすめします。

その他、持参するものをいろいろ買い物しました。これについては最後に整理してご紹介します。


■11月24日(日)

深夜1:30羽田発、マニラ経由のフィリピン航空PR423⇒PR2849で旅立ちました。
直行便も捨てがたいところでしたが、羽田発&適当な到着時間というメリットが勝り、深夜便&マニラで約4時間のトランジットにもかかわらずこのフライトを選択しました。
結果的にやはりこの選択は正解だったと思います。旅行となると得てして出発日やその前日にバタバタしがちですが、出発当日にゆっくり準備できるのは助かりました。

10時20分頃、マクタン・セブ国際空港に到着。税関を抜けた出口外側でプルクラの現地スタッフの方が「Pulchara」のボードを持って迎えに来てくれていました。外に出るとさすがにムワッとする暑さを感じます。

 送迎車はトヨタのワゴン。車内も綺麗で非常に快適です。車内に入ると、すぐに冷えたミネラルウォーターと冷たいおしぼりをいただいたことにまず驚き!プルクラまでの所要時間は約90分と聞いており、途中少しの渋滞もありましたが、結局ほぼ90分で到着しました。それなりに長旅で、途中舗装されていない道もあるので、車酔いする方は酔い止め等の対策をすることをおすすめします。
料金:PHP2,074(送迎車1台・片道)×2(往復)=PHP4,148(税・サ込)≒¥11,167

 

 ついにプルクラに到着。着くとすぐにこのようなレイをかけてもらってお出迎えしていただきました。

 

 なんとフロントはこのように開放的!このいすに座ってチェックインします。ここではマンゴーとパイナップルをブレンドしたジュース(ウェルカムドリンク)と、ここでもまた冷たいおしぼりをいただきました。このジュースの美味いこと!
規定のチェックイン時間は14:00で、我々がチェックインを終えたのは12:30くらいだったのですが、部屋の掃除を急いでくれて、ほどなく部屋に案内してもらいました。これは非常にありがたかったです。

 

 我々の部屋Room No.18へ向かう途中はこんな感じです。南国の植物に囲まれた道を歩いていると別世界に来たという実感が増してきます。尚、こちらにプルクラ敷地内の地図を掲載しているので参考にご覧ください。

 

 前述の通り、我々が宿泊したのは「プールガーデンヴィラ」。全部で4室あるようです。部屋の外観のいい写真を取り損ねたので、外観についてはプルクラのウェブサイトのこちらのページをご覧ください。プール付きのガーデンは期待通りに見事でした!
(料金:¥56,400/1泊)

 

 こちらが、テラス側から庭を眺めた光景。今思い出しても、プールに飛び込みたくなります!

 
fruit1_t.jpg

しばし部屋を探索。部屋にはウェルカムフルーツのバナナとマンゴーが置いてありました。花があしらってあるのが可愛らしいです。このフルーツに限らず、部屋のいたるものに花がちょこんと飾ってあります。

 

このマンゴーを食べるのに難儀したという方の情報を前もってチェックしておいたので、私は用意周到に果物ナイフを持参しました。人生で初めてマンゴーをカットしてみましたが、その割に出来はまずまず?でも味は最高です!ちなみにフォークとテーブルナイフは部屋に備えてあります。

fruit2_t.jpg
 

 ベッドには天蓋がついています。これは単に虫よけが目的のものかもしれませんが、やはりゴージャスな雰囲気を醸し出します。ところがいざ夜になり天蓋の中で実際に寝てみると、私の妻は「圧迫感がある」と言って、天蓋をオープン状態にしていました。私はそれほど気にはなりませんでしたが、たしかに天井に向かってすぼまっている感じは、人によっては気になるかもしれません。

 

 浴槽はこのような開放的な半露天で、これはいい意味で期待を裏切られました。ジャクジーもついていて、入り心地も最高。夜、浴槽に入り頭上を見上げるとこんな光景が広がります。

 

 シャワールームは浴槽とドアでつながっているところにあるので、シャワーを浴びた後浴槽に直行、ということができます。許容範囲ではありましたが、水流はあまり強くありませんでした(フィリピンではよくあること)。それと上についているシャワーからはほとんど湯が出ませんでした。

 

 こちらがトイレ。奥の角に見えるのがシャワーで、手動のウォシュレットとの説明を受けました。しかし私は使いこなす自信がなかったので結局使わず、持参した「おしりセレブ」のお世話になりました。やはり普通のシャワートイレがないのはプルクラの数少ない残念なところで、帰るときのアンケートでしっかりリクエストしておきました。

 

 毎日一部屋に2本ミネラルウォーターが届けられます(飲んでいても飲んでなくても)。ですので水は買う必要はありません。

 

 BOSEのCDプレイヤーがあります。音楽の好きな方は是非CDを持参することをおすすめします。

 

お昼時だったので、写真撮影はこのへんにして、レストランに移動しました。プルクラには以下の3つのレストランがあります。

ジャンル
備考
Ventus 無国籍
朝もルームサービス対応
Ripa アジアン
Opus フレンチ
完全予約制

つまりランチには選択肢がないので、必然的に「Ventus(無国籍)」へ。
 

 レストランを囲むようにあるプールとビーチを一望でき、眺めは最高です。希望すれば飲食物はプールサイドのデッキチェアまで運んでもらうこともできます。

 

私はサンミゲル・ピルセン、
(料金:PHP110+税・サ≒¥361)、
妻はチョコバナナジュースを頼みました。
(料金:PHP230+税・サ≒¥755

 

フレンチフライ
(料金:PHP200+税・サ≒¥657

 

グリル野菜とチーズのサンドイッチ
(料金:PHP350+税・サ≒¥1,150
サンドイッチのパンはベーグルのようなものでした。野菜が香ばしく、しっかりしたソースでなかなか美味。でもこれにポテトがついてると知っていたらフレンチフライは頼まなかったのに…

 

キーマカレー 牛肉と夏野菜のカレー
(料金:PHP400+税・サ≒¥1,314
思ったよりスパイシー。でも旨いです。辛いものが平気な日本人であれば嫌いな人はいないと思います。

昼食計:PHP1,573.8(税・サ込)≒¥4,237

 

昼食後、部屋に戻ってからは庭のプールでひと泳ぎ。長くなったので、1日目・後編に続きます。


===========================================================================
【番外編】プルクラ滞在記〜1日目(11/24)・前編
【番外編】プルクラ滞在記〜1日目(11/24)・後編
【番外編】プルクラ滞在記〜2日目(11/25)
【番外編】プルクラ滞在記〜3日目(11/26)
【番外編】プルクラ滞在記〜4日目&最終日(11/27〜28)
【番外編】プルクラ滞在記〜会計&まとめ  

スポンサーリンク

 
コメント
コメントする









プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon