スポンサーリンク
<< 「私もそっちに行く」 | main | 【番外編】セブ・プルクラ旅行記〜1日目(11/24)・前編 >>

「面倒くさい」(※苦痛だ)

「面倒くさい」(※苦痛だ)

大変お久しぶりです。
こんなブログですが、参考にしてくれる方がそこそこいらっしゃるようなので、これからもぼちぼち更新していきたいと思います。

さて、またまた「面倒くさい」シリーズなのですが、過去には以下のようなものをご紹介してきました。
「面倒くさい」(※わざわざしたくない)
「面倒くさい」(※煩わしい)
「面倒くさい」(※かったるい)
「面倒くさい」(※だるっ)
「面倒くさい」(※やる気がおきない)
「面倒くさい」(※頭痛の種)

さて、久しく更新していない間にわが社はいろいろなことが変わりました。
まずジェネラルマネージャーが変わりました。またイギリス人です。彼はお世辞にも上手とは言えないインチキくさい日本語を話すのですが、聞き取りの方はかなりできるようで、日本人だけで話をしているとよく会話に割り込んできます。
直接尋ねたことこそありませんが、「面倒くさい」のニュアンスもよく分かっているだろうと思える日本語力ではあります。

また、会社のシステムも諸々と刷新され、物品購入、交通費の申請、問い合わせ記録の入力、等々、何をするにも手続きがまさに「面倒くさく」なりました。

という上記のような、日本人であれば明らかに「あぁ、面倒くせぇ」と口をついて出るような作業をするシチュエーションで、そのマネージャーは必ずこう言います。

Painful.星

たまに強調したいときは「This is painful.」と言ったりもします。

Painful、直訳は「痛い」、転じて「苦痛」ですね。
比較的最近に紹介した「pain in the ass」の上品バージョンと言ってもいいでしょう。

ただし彼の話す英語(書く英語も)自体がちょっと独特の言い回しで、根本的な言語センスに若干の不安があり、全幅の信頼は置けませんが(笑)、「『面倒くさい』の英語はまさにこれだなぁ」と得心する今日この頃です。

今日のワンポイント英会話:
(This is) Painful.(面倒くさい ※苦痛だ)

スポンサーリンク

 
コメント
コメントする









プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon