スポンサーリンク
<< 「〜の気分ではない」 | main | 「久しぶりに〜する」 >>

「簡単に言えば」

「簡単に言えば」

英語に限らず、たとえ日本語でも何かを説明するということは難しいものです。
細かいことをゴチャゴチャ説明しても分かりにくいので、物事を単純化して説明することは重要だと思います。

今回はそんな時の前置きとして使える「簡単に言えば」という表現をご紹介します。

例えば、「居酒屋」を知らない外国人に
What is "Izakaya?"(「居酒屋」って何?)
と聞かれた場合のことを想像してみて下さい。
難しいですねぇ。皆さんならどう答えますか?

どう答えるかは、今回の本題ではないので深くは触れませんが、とにかく単純にイメージをしてもらえるような説明をしなくてはなりません。
そしてその前置きとして以下の表現を使ってみて下さい。

To put it simply, Izakaya is like a bar and a restaurant combined. 星
簡単に言えば、「居酒屋」は酒場とレストランが一体になったようなものだ

今回のポイントは「to put it simply」です。
文頭で使われ簡単に言えば」という意味になります。
ここでの「put」は「置く」と訳してはよく分かりません。
言う」とか「表現する」というような意味です。

また、ここで使われているto不定詞はちょっと特殊で、文法的には「独立不定詞句」などと説明されます。とは言っても文法用語や細かいことはどうでもよいので、熟語的に独立して覚えてしまうのがよいです。「〜ために」とか「〜こと」などと訳さないように注意して下さい!

さて、これの類似表現で、便利なものが他にもあるので、ついでに覚えてしまいましょう。
to put it differently : 違う言い方をすれば、言い換えれば
to put it mildly : 控え目に言って
to put it bluntly : 単刀直入に言うと
to put it briefly : 手短に言うと,要するに


また、簡単に言えば」を表す他の表現も併せてご紹介しておきます。
in a simple term
put simply
to put it in a nutshell
in a nutshell


今日のワンポイント英会話:
to put it simply(簡単に言えば)

スポンサーリンク

 
コメント
かったんさん、お世話になっております。
遅くなりましたが、勉強会の記事書かせていただきました。

ところで、本題とそれますが、
To put it simply, Izakaya is like a bar and a restaurant combined.
という文は、「a restaurant」という2個目の「a」は要るのでしょうか?

OALDの例文を見ますと、
This model combines a telephone and fax machine.
a kitchen and dining-room combined
とあり、一体型になっているもののときは、2個目は無冠詞になる例が載っています。

「ロイヤル英文法改訂新版」には、
----------
(1) 2つの名詞
1 同一のものを表すとき:最初の名詞だけに冠詞をつける。
2 別々のものを表すとき:それぞれに冠詞をつける。
┌ He is a novelist and playwright.〔同一人物〕
│ (彼は小説家で劇作家だ)
│ They are a novelist and a playwright.
└ (彼らは小説家と劇作家だ)〔それぞれ1人ずつで計2人〕

(3) 2つのものが1組または1つになっているもの
最初の名詞だけに冠詞をつける。この場合,接続詞の and は軽く [_n] または [n] と発音されるのがふつう。
a cup and saucer (受け皿つきの茶わん),the bread and butter (バターつきパン),a needle and thread (糸のついた針),a rod and line (釣糸のついた釣竿),a watch and chain (鎖つきの懐中時計),the whiskey and soda (そのソーダ割りウイスキー)
* 1組になっているのでなければ個々に冠詞をつける。
the glass and the cup (そのコップとその茶わん)

[注] 強調のための冠詞の反復:
同一のものをさす場合でも「Aであり,かつBである」と特に強調するような場合は冠詞を反復することがある。
He was regarded as an orator and a statesman of his age.
(彼は当代の雄弁家であり政治家であるとみなされていた)
----------

とあります。
ネイティブに聞いても、「どっちでもいいんじゃない?」と言われそうですけどね。
シゲさん、コメントありがとうございます!
それと記事の方もありがとうございます!

さて、ご質問についてですが、ネイティヴの先生に確認してみました。
それによると、「両方に冠詞をつけることがproperだが、2個目の方を省略してもよい」という言い方をしていました。

冠詞は難しいですね。我々外国語学習者にとっては最後まで残る難関だと思います。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon