スポンサーリンク
<< 「もったいない」(※時間は貴重だ) | main | 「もったいない」(※あまりにきれいなので…) >>

「もったいない」(※残念だ、惜しい)

「もったいない」(※残念だ、惜しい)

これまで二種類の「もったいない」をご紹介してきました。

・That's a waste.
この場合、何かを捨てるという行為が浪費にあたるので「もったいない」という気持ちでいます。つまりその行為に注目しています。
一方
・Time is precious.
この場合は、時間は価値があるものなので、それを有効利用しないのはもったいない」という気持ちでいます。つまり捨てられるものの価値に注目しています。

今回ご紹介する「もったいない」は、人間の感情に注目しています。

我々が「もったいない」と口に出す時、我々はどんな気持ちでいるか考えてみて下さい。
もったいない」という感情は、日本語で、他のどんな言葉に置き換えられるでしょうか?

残念」とか「惜しい」と感じていると思います。
残念」とか「惜しい」という人間の感情は、英語のどんな形容詞で表現できるでしょうか?

正解は
I'm sorry.星
です。

I'm sorry.」にいろいろな意味があることは、みなさんなんとなく分かっていると思います。
よくある日本語訳では「申し訳ない、後悔している、気の毒だ、残念だ」などが挙げられます。

おそらく多くの人にとって(私も含め)「I'm sorry.」と言えば「申し訳ない」のイメージが強すぎ、「残念だ」の意味では使いにくいのではないかと予想しますが、いずれにしてもその意味があります。
また、上記のいくつかのニュアンスが入り混じったような使い方をされることもあるので、なかなか難しい言葉であることは確かです。

ともかく、
それを捨てるのはもったいない」と言いたいときは、
それを捨てるのは残念だ」と考え、
I'm sorry to throw it away.
という表現をしてみる手があります。または、
I feel sorry to throw it away.
としてもいいですね。

さて、もう一つ「残念だ、惜しい」という感情を表す表現があります。

It's a pity.

です。「sorry」と違い人が主語にはなりませんが、ニュアンスは「sorry」と重なる部分が多く、「残念だ、惜しい」という人間の感情を表すことができます。

バリエーションでは、
What a pity!
とすることができます。
You threw it away? What a pity!
(それを捨てたって?なんて惜しいことを!)
または、
It's a pity to throw it away.
と仮主語の構文にすることもできます。

今日のワンポイント英会話:
I'm sorry.(もったいない ※残念だ、惜しい)

スポンサーリンク

 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon