スポンサーリンク
<< 「もったいない」(※それは無駄だ) | main | 「もったいない」(※残念だ、惜しい) >>

「もったいない」(※時間は貴重だ)

「もったいない」(※時間は貴重だ)

今回も「もったいない」の続きです。

そもそも日本語の「もったいない」という言葉は非常に深い意味を持つと思わないでしょうか?

調べてみたところ、「もったいない」という言葉は元来仏教用語だということが分かりました。
そこには「生き物だけでなくどんなものにも命が宿る」という考え方があるそうです。
なので、全てのものは「尊く、ありがたい」、よって、全てのものの価値を最大限生かしてあげるべきだ、というのが「もったいない」の根底の精神のようです。

さて、そこで「尊い」という言葉に注目してみて下さい。
この言葉は「貴い」とも表すことができます。
」という漢字を見ると「貴重である」という言葉を連想しますよね。
考えてみて下さい。貴重である、価値がある」ということも、「もったいない」の一つの側面ではないでしょうか。

貴重である、価値がある」は、英語で言うと「precious」または「valuable」ですね。

例えば、何かのミーティングがある時のことを想像してみて下さい。
本来であれば、全員が揃ってから始めたいところですが、ある一人がやって来ないとします。しばらく待ったけれども
時間がもったいない、もう始めよう
と言いたい場面があると思います。
こんな場合は、前回ご紹介した表現を使って
That's waste of time. Let's begin now.
でもよいですが、

Time is precious. Let's begin now.星

とするのも一つの方法ではないでしょうか。

もう一つ例を挙げると、誰かが水道の水を出しっぱなしにしている場面を想像して下さい。
日本人だったら
水がもったいないじゃないか!
と言いたいところだと思います。こんな場合は、以下のように言うのはどうでしょう。

Don't waste water! Every resource is precious.
(水を無駄にするなよ。全ての資源は貴重なんだから)

今日のワンポイント英会話:
Time is precious.(時間がもったいない)

スポンサーリンク

 
コメント
もったいないって仏教用語だったんですね!
知らんかった〜英語だけじゃなくいろいろためになりますねぇ〜
なんかどっかのノーベル平和賞かなんか獲った外人さんが「モッタイナイ」を連呼してましたねぇ〜
  • KEN
  • 2007/11/13 8:59 PM
KENさん、コメントありがとうございます!
このブログを書くために私もいろいろ調べて勉強してますよ〜。その外人さんの話もその時知りました。そのうち「mottainai」が英語になる日が来るかもしれないみたいですね。
  • かったん
  • 2007/11/16 1:28 PM
書くために調べるってすごいいいと思いますよ〜だって教えるためには下調べとか必要ですもんね〜。

和製英語ならぬ・・・なんていうんでしょう・・・とにかく英語になる日はくるかもしれないですね〜ツナミとかマンガとかみたいに〜
  • KEN
  • 2007/11/16 11:32 PM
すぐにでも使ってみたくなる言葉がいつもいっぱいですね。環境問題も昨今はよく話題にのぼるので、今回の例文もとっても役に立ちます!今度何気なく使ってみようっーと。(小枝風)
  • ハサミちゃん
  • 2007/11/18 1:55 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon