スポンサーリンク
<< 「まさか〜とは思わなかった」 | main | 「面倒くさい」(※煩わしい) >>

「面倒くさい」(※わざわざしたくない)

「面倒くさい」(※わざわざしたくない)

これも日本語ではよく使いますが、英語で表現するのが難しい表現の一つではないでしょうか。
いろいろな表現があるので、何回かに分けてご紹介していきたいと思います。
一番最初に覚えておくべきなのは、

I can't be bothered.星

だと思います。英語の重要表現の一つです。
bother」は、
〜を困らせる、〜の邪魔をする、〜に迷惑をかける
という意味で、また、
bother to do / doing」は
わざわざ〜する
とよく訳されます。

結構幅広いニュアンスを持つ単語ですが、これらの日本語に共通して含まれるニュアンスをなんとなく感じ取って下さい。

ちょっと横道にそれますが「bother」を使ったもう一つの重要表現があります。
I'm sorry to bother you.
何かをしている最中の人にものをお願いする際の丁寧な決まり文句です。
あなたの邪魔をして[あなたに迷惑をかけて]すみません」が直訳で、
日本語でいう「お忙しいところ恐れ入ります」に相当するでしょう。

前置きが長くなりましたが、「I can't be bothered.」で「面倒くさい」です。

実は、個人的には「I can't be bothered.」と「面倒くさい」がなかなか結びつきません。なぜ「can」なのかが今一つしっくりきていないのです。

直訳すると「私は迷惑をかけられるわけにはいかない」「私を困らせることはできない
などとなるかと思います。
ちょっとキツい表現のように感じないでしょうか?

そこで、この表現をネイティヴスピーカーに確認してみました。すると、これは
I don't want to.(〜したくない)
を言い換えた表現だという答えが返ってきました。それと
I'm not interested in it.(それには興味がない)
の意味を含むとも。
やはりこれはかなりキツめの表現なのだと思います。

bother」のもう一つの日本語訳である「わざわざ」を使うなら
わざわざそんなことやってられっかよ
的なニュアンスでしょうか。

この表現を使う際は、そんなことしたくもないし興味もないよ」と言っているのだということを心に留めて、気をつけて使いましょう。

今日のワンポイント:
I can't be bothered.(面倒くさい ※わざわざしたくない)

スポンサーリンク

 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon