スポンサーリンク
<< 「悪気はなかったんです」 | main | 「金欠だ」 >>

「金が足りない」

「金が足りない」

今日は日常生活で非常に役立つと思われる表現をご紹介します。

I'm short. 星

shortには「短い」や「背の低い」の他に、足りないという大事な意味があることに注意してください!
また、日本語では「金足りない」と言いますが、英語では人(I)が主語になっていることもポイントです。

これは、買い物などをしていて自分の財布の中をのぞいてみた時に、持ち合わせが、自分の必要としている額に届かないことが分かった場合に使える表現です。

あるいは、給料日前などで、財布をのぞかなくても金が足りないことが分かっている場合に使っても構いません。例えば以下のような場合です。
I'm short this month.
今月は金が足りない → 今月は金を使い過ぎた

「I'm short.」だけでは、文字通りには何が足りないのか、はっきりと言及していないのですが、金が足りない場合によく使われます。
あるいは文脈から金のことを指しているのが明らかな場合だとも言えます。

もしはっきりと「〜が足りない」と言いたい時には、前置詞にofを使い
I'm short of
と言うことができます。

つまり、ここでの「I'm short.」は
I'm short of money.
と言うのと同じ意味です。
ただし「money」を使うのはちょっと露骨なので、
I'm short of cash.
という方が個人的には好みです。
あるいは
I'm a little short of cash right now.
今はちょっと持ち合わせが足りない
とすると、もう少しソフトでこなれた表現になるでしょう。

なお、shortの後に続ける前置詞は、「of」が基本ですが、以下のように「on」を使うことも可能です。
I'm short on cash.
ただし、まずは「of」の方をしっかり覚えることをおすすめします。

今日のワンポイント:
I'm short.(金が足りない)

スポンサーリンク

 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon