スポンサーリンク

電話セールスの撃退

セールス電話の撃退

会社で電話応対をしていると、いろいろなセールス電話がかかってきます。
うちの会社では、セールス電話はどんなものであれ、基本的に電話に出た人間が撃退することになっているので、私もしばしば対応します。

いろいろなセールス電話がありますが、日本語、英語問わず断然多いのはの人材紹介会社ヘッドハンティング会社です。

折からの不況ということもあり、人材紹介会社にとって企業からの求人は喉から手が出るほど欲しいでしょうし、外資系企業の社員は転職が多いので、ヘッドハンティング会社にとっては格好の的なのでしょう。

日本語では
間に合ってます」とか「必要ありませんので
あたりの一言二言でたいてい引き下がってくれます。

英語の方はというと、私はこの会社に入って初めて英語のセールス電話を対応するようになったのと、絶対的な本数が日本語よりも少ないということもあって、毎回慌ててしまいます。

人事部宛の電話でも自分で対応しなければならないので(そもそもわが社には「人事部」などという大そうな部署はありませんが)
Could you put me through to the human resource manager?
(人事部長におつなぎしていただけますか)
などと言われた場合、とりあえず
How may I help you?
と言います。するとたいていガーッといろいろまくしたててきます。

正直よく聞き取れないことも少なくないので「I can't speak English.」と言って切ってしまいたくなるのですが、社内的に恥ずかしいので(笑)その手は使わないようにしています。かと言ってガチャ切りするのも大人げありません。

私の場合ついつい相手の質問に答えてしまい、向こうのペースに嵌ってかなり長い時間相手の話を聞くハメになることが多かったのです。
どうしたらあっさりと英語セールス電話を撃退して、すっきりと電話を切ることができるものかと、電話がかかってくるたびに悶々としていました。

そんなある日、私の上司がその類の電話に出たであろう瞬間を目撃する機会がありました。その撃退ぶりがあまりに鮮やかだったので、今回はそれをポイントとしてご紹介したいと思います。

No, thanks.
We are not interested.星

興味ありません
投資や住宅などのセールス電話がかかってきたとき、皆さんも日本語では一度は言ったことがあるのではないでしょうか。
そうですよ!英語でもこう言えばいいんですねぇ!!
会社に関係することは
We are not interested.
ですが、もちろん個人宛のセールス電話だったら
I am not interested.
でもよいですね。

ちなみに顔色一つ変えず冷たく言い放つ、上司の冷静な対応が印象的でした(笑)
日本語、英語問わず、セールス電話の撃退は冷徹な口調も大きなポイントではないでしょうか。

今日のワンポイント英会話:
We are not interested.(セールス電話の撃退)

スポンサーリンク

 

「どなたですか?」

「どなたですか?」

人生初の外資系企業に就職して7ヶ月が経過しました。
当然ながら、しばしば英語の電話がかかってきます。
私はまだ下っ端なので、私宛の電話というものはほとんどなく、ただ電話を取り次ぐだけなのですが、それでもいまだに英語の電話を受けるのは緊張します(泣)
(ちなみに、国際電話の場合、受話器を取ってから相手が話し始めるまでワンテンポのタイムライグがあることが分かりました。なのでタイムラグがあるときには、『あ〜今から英語が来るぞ…』と心の準備をするのです!)

最初の頃はパニックになって、相手が何と名乗っているのやら、誰と話そうとしているのやら全く聞き取れませんでした。
今でも初めて聞く名前を聞き取ることは非常に困難で、しょっちゅう「Sorry?」とか「Pardon?」などと聞き返して、なんとか対応しているのですが、そんな中一つ分かってきたことがあります。

(うちの会社の)海外オフィスの連中は自分から名乗ることはほとんどない!

ということです。これはちょっとしたカルチャーショックでした。
日本のビジネスマナーだったら、
「東京オフィスの△△です。××さんいらっしゃいますか?」
と、まずは自分から名乗るのが普通です。しかし彼らはいきなり、
××, please?
とか
Can I speak to ××?
などといきなり相手を呼び出そうとするのです!
いくら身内とはいえ失礼な物言いだなぁと、いまだに違和感もありますが、郷に入れば郷に従わざるをえません。
そんなとき、私はかなり長い間
May have your name, please?
と、相手の名前を尋ねていました。
この表現は、電話対応では模範的表現とされていますが、私は、この表現は果たして適切なのだろうか?(特に会社内の場合)という疑問がふつふつと湧き上がってきていました。

と言うのも、上にも述べたように、今の私は基本的にかかってきた電話の取次ぎをするだけなのですが、たまにちょっとしたやり取りをしているときに、私が相手に名前を尋ねられることがあります。
しかし、そんな場面で相手がMay I have your name?」と言うのを私は聞いたことがないのです。
そんな時相手は何と言っているか?それは…

Who am I speaking to? 星

です。直訳は「私は誰と話しているのですか?」ですが、こなれた日本語では
どなたですか?」「どちらさまですか?」くらいのニュアンスになるでしょう。

かたや「May I have your name?」は「お名前をお伺いできますか?」といった訳になるかと思いますが、考えてみると、確かに日本語でも、社内の人間に対し「お名前をお伺いできますか?」と言うことはあまりないと思います。
どちらかと言えば「どなたですか?」の方が自然ですよね。

そこで最近は、私は社内の人間に対しては「Who am I speaking to?」を使うようにしています。

今日のワンポイント英会話:
Who am I speaking to? (どなたですか?)

スポンサーリンク

 
プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon