スポンサーリンク

「あとはよろしく」

「あとはよろしく」

うちの会社の東京オフィスは、全体的な会社の規模の割には信じられないほど小さく、スタッフもごくわずか。うっかりスケジュールを入れると、スタッフが全員出払ってしまう事態になりかねず、スケジュール調整には非常に気を使います。オフィスに一人残って留守番などということはザラで、まったく困ったものです。

今回はそんな場面の会話です。私とうちのイギリス人マネージャーの二人でオフィスにいて、マネージャーが外出することになりました。つまり私一人が留守番ということになります。マネージャーは外出するときに私に向かってこう言ったのです。

You are in charge. 星

このやりとりはその後うちのオフィスのお約束になるのですが(笑)、この状況で初めてこう言われたとき、私はすぐに意味を把握することができませんでした。
be in charge of〜 (〜を担当している、〜の責任がある)」という受験頻出の重要熟語の意味は私はもちろん知っていました。

例:
He is in charge of the project. (彼がそのプロジェクトの責任者です)
Who is in charge of accounting? (誰が経理担当ですか?)

しかしここでは「of〜」以下が言及されていません。
私が一人で留守番するというこの状況下、私が新たに何の仕事の責任者になるというのでしょう??頭に"?(ハテナ)"が浮かんだ私は

Of what? (何の?)

と聞き返しました。

するとうちのマネージャーは一瞬考え、こんな感じで返しました。

... Of everything. Take phone calls, answer the door...
(全部だよ。電話に出たり、来客の対応したり…)
 
そこで初めて、私は
「なんだ、大した意味じゃなくて『留守番たのんだよ』ってことか!」
と分かりました。つまり「留守中のもろもろを担当するんだよ」ということですね。
日本語だと、「あとはたのんだよ」「あとはよろしく」くらいのニュアンスになるでしょう。

これは実に考えさせられる表現でした。

考えてみてください。「in chargeof 〜)」は「責任者」や「担当者」などと訳されますが、そもそも日本語の「責任者」と「担当者」ではずいぶんニュアンスが違わないでしょうか?
実際に自分がこれまで会話やメールで触れてきた「in charge」は、たしかに実際に大きな責任が伴う「責任者」という文脈で使われる場合もありますが、ただあるポジションにアサインされたという程度の「現場の担当者」レベルにも使われるように感じます。(もちろん「現場の責任者」にもそれなりの責任はありますが。)

ということを踏まえ、英英辞典を引いてみると、「in charge」の定義は以下のようになっていました。

being the person who has control of or is responsible for someone or something

has controlまたはresponsible」!この両者のニュアンスは確かに異なります。
「何かをcontrolする人」が必ずしも「責任者」とは限りません。

言い換えると、英語の「in charge」は、必ずしも日本語で「責任者出せ!」という時に出てくる「責任者」ではなく(※その場合もある)、「ある物事を自分の裁量で行う」こと全てに当てはまると言えそうです。
留守番として電話に出たり、来客の対応をしたりすることを、「責任者」というと大げさですが、たしかに自分の裁量で行うのには違いありません。

簡単に言うと、英語の「in charge」は、日本語の「担当者〜責任者」をカバーする広いニュアンスと言えるのではないでしょうか。ある意味気軽に使えます。

その点より厳密な意味で「責任の所在」を表すときに使われるのが「responsible」です。自分のことについて言う場合はもちろん、人について言う場合でも、この単語を使うときはちょっとした覚悟が必要です。

ただし「You are in charge.」がいつでも日本語の「あとはよろしく」とイコールというわけではないのでご注意ください!あくまで今回ご紹介しているような状況、文脈で有効なニュアンスです。日本語の「よろしく」はとてつもなく広い意味を持ちます。例えば「あとのことは君が決めていいよ」というような意味の「あとはよろしく」は「I'll leave it up to you.」などとなるでしょう。

また、「You are in charge.(君が担当者だよ)」という表現自体は一般的で自然な英語ですが、うちのイギリス人マネージャーは言語センスが独特なので、ここで紹介したような状況での「You are in charge」は、彼の一種のジョークと言えるかもしれません(他のネイティヴだったら言わないかもしれません)。その点は一応割り引いてお考えください。ただ「in charge」のニュアンスを考えるいいきっかけにはなるかと思います。

またそもそも、これと同じような状況でこの表現を自分が使う(またはこの表現を聞く)チャンスのある人はそんなに多くはないかもしれません(笑)。もし自分が使う場合は、冗談の言える間柄にとどめて、目上の人に対して使うのは避けるのが無難でしょう。

今日のワンポイント英会話:
You are in charge. (あとはよろしく)

スポンサーリンク

 

「面倒くさい」(※苦痛だ)

「面倒くさい」(※苦痛だ)

大変お久しぶりです。
こんなブログですが、参考にしてくれる方がそこそこいらっしゃるようなので、これからもぼちぼち更新していきたいと思います。

さて、またまた「面倒くさい」シリーズなのですが、過去には以下のようなものをご紹介してきました。
「面倒くさい」(※わざわざしたくない)
「面倒くさい」(※煩わしい)
「面倒くさい」(※かったるい)
「面倒くさい」(※だるっ)
「面倒くさい」(※やる気がおきない)
「面倒くさい」(※頭痛の種)

さて、久しく更新していない間にわが社はいろいろなことが変わりました。
まずジェネラルマネージャーが変わりました。またイギリス人です。彼はお世辞にも上手とは言えないインチキくさい日本語を話すのですが、聞き取りの方はかなりできるようで、日本人だけで話をしているとよく会話に割り込んできます。
直接尋ねたことこそありませんが、「面倒くさい」のニュアンスもよく分かっているだろうと思える日本語力ではあります。

また、会社のシステムも諸々と刷新され、物品購入、交通費の申請、問い合わせ記録の入力、等々、何をするにも手続きがまさに「面倒くさく」なりました。

という上記のような、日本人であれば明らかに「あぁ、面倒くせぇ」と口をついて出るような作業をするシチュエーションで、そのマネージャーは必ずこう言います。

Painful.星

たまに強調したいときは「This is painful.」と言ったりもします。

Painful、直訳は「痛い」、転じて「苦痛」ですね。
比較的最近に紹介した「pain in the ass」の上品バージョンと言ってもいいでしょう。

ただし彼の話す英語(書く英語も)自体がちょっと独特の言い回しで、根本的な言語センスに若干の不安があり、全幅の信頼は置けませんが(笑)、「『面倒くさい』の英語はまさにこれだなぁ」と得心する今日この頃です。

今日のワンポイント英会話:
(This is) Painful.(面倒くさい ※苦痛だ)

スポンサーリンク

 
プロフィール
管理人:かったん
外資系IT企業勤務
TOEIC935点
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ教材(DVD)

管理人もいまだに観ています。楽しく英会話を勉強する定番!
楽天市場Amazon
勉強法はこちら
最近の記事
おすすめ書籍

管理人もお世話になりました。あまりにも有名な教材ですが、いいものはいい!
楽天市場Amazon

過去の人気の記事
                
英会話を身につけるには?

管理人はフィリピン留学で
英会話を習得しました。
短期間、且つ格安で英会話
を身につける方法として
絶対におすすめできます!
                
リンク
archives

おすすめ書籍

海外ドラマや映画を見るのに役立ちそう。解説と例文が丁寧で頭に入りやすい
楽天市場Amazon